1425775953154232

社会性不安障害(SAD)という病気を初めて知った方に対してわかりやすく特徴を簡潔にまとめますと、まず、社会性不安障害(SAD)でもっとも多い症状が、対人緊張です。

 

例えば、人と面談をする、大勢の前でスピーチをする、複数の人と話をするなど。人と会話したり交流するときに一般レベルではない過度の緊張を起こし、身体に異常を起こし、発汗や手足の震え、声が出にくくなるなどという症状が起きます。人によってはその恐怖に耐えられずその場から逃げ出してしまったりするほどです。

 

これは脳内の神経伝達物質であるセロトニンやドパーミン、ノンアドレナリンなど私達の心の喜びや意欲、そして不安や恐怖など様々な感情に関わっているもののバランスが崩れ正常に機能しなくなっている状態から起こる症状であり、社会性不安障害はこの神経伝達物質の中でも不安や恐怖を抑える役目であるセロトニンがうまく機能しなくなることが原因なのではないかと考えられているようです。

 

ただ、誰でも普通に対人関係や人前でのスピーチなどはある程度は緊張するのが当たり前です。

 

また、より深い原因を知りたい場合は社会性不安障害について役立つ情報が多くまとまったウェブサイトや自己診断チェックテストなどについては、SAD NET  というサイトが役に立ちます。

 

上記のサイトでは社会性不安障害(SAD)に悩む方、家族や友人に社会性不安障害(SAD)を持つ人がいる方の両方に対し、わかりやすく症例や治療法がまとめられています。ぜひ、一度ご覧ください。社会性不安障害(SAD)について知る第一歩は、こうしたまとめサイトを見ることから始まります。

 

患者本人にとっては、自分以外にも同じ症状で苦しんでいる人がいることを知って気が楽になりますし、そうでない人にも、社会性不安障害(SAD)という病を知ってもらうきっかけになるでしょう。

 

こうしたまとめサイトは、一度見ておくべきです。症状の克服方法、治療につかわれる薬の種類、メンタルコントロール。きっと、あなたを手助けしてくれる方法があります。ここで紹介した以外にも、まとめサイトはいくつもありますから、これはいい!と思ったサイトをお気に入り登録しておくのもよいでしょう。