1428382999164143

社会性不安障害(SAD)を完治したい。そう思っている人は多いでしょう。しかし、実際にできるのか。たとえ症状が治まっても、再発するのではないか。そんな不安が、心のどこかに付きまとっているのではないでしょうか。

 

社会性不安障害(SAD)のホームページを見ると、ほとんどの人が完治している。社会性不安障害(SAD)は治るできるものだ。と紹介されています。実際に社会性不安障害(SAD)の発症から治療、完治に至った人もいます。

 

しかし、社会性不安障害(SAD)を発症した時と似た状況に遭遇した時。症状が全く出ないという保証はありません。

 

以前よりも軽度で、すぐに治まって行くのならばよいのですが、当時の記憶がフラッシュバックして、再発してしまえば、完治にはほど遠いです。社会性不安障害(SAD)に限らず、うつ病・パニック障害など、心の病は完治したという目安がわかりにくいのです。

 

本人は完治したと思っていても、実際はそうでなかった。というケースもあります。それならば無理に完治を目指さずに、症状を改善する方向へと向かえばよいのではないでしょうか。どうしても苦手な場面は避けて、それ以外でできそうなところから、苦手な状況に向かって体と心を慣れさせていく。

 

こうした治療方法も、人によっては選択できます。大切なのは、焦って早く治そうとしないこと。今の自分にできることを見つけることです。