1427805903162067

社会性不安障害(SAD)と診断された場合、薬物療法や認知行動療法と言った、医学的な治療が基本となります。

 

しかし、それ以外にも、呼吸法やツボ押し、アロマなど、自分でできることはたくさんあります。今回は、社会性不安障害(SAD)に効果が出やすいアロマをいくつか紹介しましょう。

 

お勧めの香りは、ローズとラベンダー。2つとも鎮静作用があり、緊張を和らげる効果があります。オイルをティッシュに一滴染み込ませ、不安な時にその香りを嗅いで心を落ち着かせるのもよいですね。仕事や家事、育児など、日常生活の中で不安な場面が来た時に、試してみてください。

 

社交性不安障害(SAD)において大切なことは、不安を鎮めてリラックスすることです。アロマを選ぶときも、リラックス・鎮静効果がある香りを選びましょう。ローズやラベンダー以外でお勧めなのは、イランイラン、オレンジフラワー、ベンゾインなどです。

 

中でもオレンジフラワーには、抗鬱効果があると言われているので特におすすめです。社会性不安障害(SAD)の治療として、薬のほかにアロマを併用してみるのもいいでしょう。ただし。アロマはあまり香りが強すぎたり、自分が苦手とするような種類は避けてください。

 

ほんのりと香る程度に、それが心地よいと感じるのでしたら、使ってみましょう。アロマはあくまでも補助的なものなので、それがあれば必ず社会性不安障害(SAD)が治るという訳ではありません。また、効果も個人差がありますから、気分転換につかってみよう。と言うくらいの、気軽な気持ちでお試しください。